読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きか嫌いかで判断する

もうすぐ今年の初高座です。

何をやろうか考え中なのですが、

新年だから初天神がいいかなとか、

2月に大きな高座があって、そこで粗忽の釘をやるからそれがいいかなとか、

いろいろと考えます。

 

去年からものごとを判断するときに、

「好きか嫌いかどうか」

「やりたいかやりたくないか」

を基準に判断しようと思ってきたのですが、

どうしても、

「周りがどう思うか」

「受け取る側がどう感じるか」

を気にしてしまいます。

それはそれで当たり前のことなのかもしれませんが、

それを考えてしまうと、

どこかやることが中途半端になってしまうことが多くて。

 

で、もういっそのこと、

「周りがどう思うか」

「受け取る側がどう感じるか」

をいったん置いておいて、

「自分が何をしたいか」

「自分が何を言いたいか」

をそのままやってしまおうと思うわけです。

※そりゃもちろん、法律に反するようなことはやりませんが(笑)

 

と、いうことで、次の高座はお見立てをやろうかなと思ってます。

今年の初高座で、お墓が出るような噺はどんなもんかなと思ったのですが、

お見立ては前からやりたいと思っていた噺なので、

自分の希望を優先させます(笑)

 


【落語】古今亭文菊「お見立て」