読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親が子どもにおはなしを聴かせるように

この本を読みました。

 

僕らの落語: 本音を語る! 噺家×噺家の対談集 (淡交新書)

僕らの落語: 本音を語る! 噺家×噺家の対談集 (淡交新書)

 

 

今をときめく落語家さんの対談集。

落語に関する本はあんまり読んだことなかったんです。

でもこの本はおもしろかった。

 

もっとこれからは落語の本も読もうと思いました。

 

印象に残っているところ。

柳家花緑さんと桂米團治さんの対談ででてきた、桂米朝さんのお話。

あるインタビューで桂米朝さんが「落語とは何ですか?」と訊かれたそうです。

それに対して米朝さんは

「おじいちゃんが孫に聴かせるおとぎ話」

みたいなことを答えたそうで。

 

自分はやりたい噺を好きなようにやってました。

でもたとえば。

自分が娘に絵本を読んで聴かせるみたいに落語をやったら。

いったいどうなるんだろう。 

 

子ほめとか、娘に聴かせるようにやる。

今度やってみよう(笑)

 

この噺のこの部分をこんな風にやってとか、

部分的にどうやるかみたいなことはしょっちゅう考えるんです。

でも全体を通して、どんな雰囲気でやるかなんて考えたこともなかったなぁ。

 

とてもいい発見をさせてもらえた本でした。

 

 

それから。 

これは昨日飲んでいて、知り合いと落語の話をしていておもったのです。

単純に、落語の話をしているのは楽しいもんです。

好きなことの話をしているので、楽しいのは当たり前なのですが(笑)

あらためて、もっと落語にハマってみようと思うのでした。